スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- | スポンサー広告 | page top↑
着物箪笥買いました!……が、
2013 / 09 / 01 ( Sun )
段ボールやら衣装ケースやら簡易収納に仕舞っていた我が家の着物ですが、
ついに、桐箪笥に収納されました!

……が、

入りきりませんでした……。

深い引き出しタイプでは着物を出すときに煩わしかろうと、衣装盆ほどの浅い引き出しを選んだのですが、各段に入る着物や帯は3、4枚が限界。
結果として、正絹の着物、帯も入りきりませんでした。
ポリエステルは言わずもがな。

ですので、お役御免になるかと思っていた元々の収納(写真の上にある灰色の)にも、まだご活躍いただく必要がありそうです。

安物のリサイクルばかりとはいえ、買いすぎたかも……。
more...
スポンサーサイト
22 : 47 | 着物 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
すみよっさん詣で
2013 / 06 / 30 ( Sun )


住吉大社に参ってきました。
数年来、初詣で行こう行こうと思いながら、寝正月で行けずですw



種貸社の手水には、住吉大社と縁のある一寸法師が。







それにしても、所々にあるパワースポット推しが浮いていました。
22 : 15 | 寺社参拝 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
【お茶レビュー】キリン午後の紅茶 THE PUNGENCY(ザ・パンジェンシー)無糖 初摘みダージリン
2012 / 11 / 23 ( Fri )
セブンイレブンで見つけて買ってきました♪

キリン午後の紅茶THE PUNGENCY(ザ・パンジェンシー)無糖 【限定出荷】初摘みダージリン

ザ・パンジェンシー初摘みダージリン

さて、こちらの紅茶飲料の原材料名を見ますと、

紅茶(ダージリン100%(ダージリンファーストフラッシュ82%))
ビタミンC

以上。

つまり、香料が入っていないんです!!

紅茶飲料としては非常に画期的ではないかと思います。
従来の紅茶飲料だと、コストの関係か香料が添加されていて、
独特の香料臭さが多かれ少なかれ出てしまっていましたが、
とうとう無香料・無糖紅茶飲料が出たんですね……。

さっそく飲んでみました。

初摘みダージリン試飲

ほんのり香る紅茶の匂い。

ダージリンの抹茶のようなコクと、ファーストフラッシュの青っぽさ。

物の味もわからない私ですが、非常においしかったです。
ポットに入れて、「軽めに抽出しましたーーー(*^_^*)」
ってお店の人に言われたら、
私ならまず騙されることでしょう。

家で私が淹れる渋渋の紅茶よりはるかに美味しいです(苦笑い)


このパンジェンシーシリーズって、今までにも何製品か
発売されていたと思うんですが、私はあまり好きになれなくて
(どれも味や匂いが個性的過ぎて少し苦手でした)
いたのですが、今回の初摘みダージリンは、
限定出荷じゃなくて今後とも販売してほしいなぁと
思いました。

少し前、午後の紅茶無糖はおにぎりにも合いますよーと
宣伝されていましたが、お昼ご飯のお供に、
こちらの方がより合うように感じます。
ファーストフラッシュだから、緑茶っぽくて和食とも
合うのではないでしょうか。


なかなか売っているお店が少ないですが、
また見つけたら買おう~~っと。

02 : 20 | 喫茶雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
懐紙のはなし
2012 / 11 / 22 ( Thu )
こんばんは。


久しぶりにまともなはなしをと。

私のサイトの喫茶雑記をご覧になっている方がいらっしゃったら、ご存知かもしれませんが、
私は普段和菓子を写真に撮るときは、「懐紙」を使っています。

懐紙

この、和菓子が載っている紙、これが懐紙です。

今ではほとんどが茶道用ですが、古来からちょっとした書付や和歌を
したためたり、ティッシュに使ったりと、まさに懐に入れておく
万能紙として伝わってまいりました。


茶道用の使い方を紹介しておくと、まずは、茶席で出された
干菓子や主菓子を各自取り分けるお皿としての役割があります。
お正客さんから回ってくる菓子器が自分の前まで来ると、
手や黒文字(お箸)を使って懐紙まで取り分けます。

そのとき、自分が使い終わった黒文字は、後の方のために
懐紙で拭います。
これが二つ目。

こんなかんじです。

黒文字

お茶会によっては、特に大寄せだと銘々皿(セット組になった個人用のお皿)や
懐紙に元々載ってお菓子が出てくることも多いです。
そのときは使いません(笑)

食べ終わったあとの懐紙は、一枚折り返して懐などにしまっておきます。

三つ目に、薄茶をいただいたあと、飲み口を指で拭うのですが
その指を懐紙で拭いて清めます。

あとは、お菓子が食べきれなかったときに包んで帰ったり、
菓子切りや黒文字(楊枝)が汚れたらまわりにぐるぐる巻いたり。

一回のお茶席でも大活躍します。


忘れるとちょっと煩わしいかもしれません。
というのも、写真では一枚だけの懐紙に載せていますが、
本来は束になった懐紙の上に和菓子を載せるものなのです。

和菓子をいただくときも、畳の上に置いて食べるのではなく、
左手の上に懐紙を載せて菓子切りで切ったりいただいたりするので、
懐紙を一枚だけ他の方からいただいても、ぺらっぺらで
やり辛いです……。
それに、水物の和菓子だと滲みてくることも……。
(まあ、実際忘れてもどうとでもなるとは思いますが)


さて、そんな意外と大事な懐紙ですが、実は色々な柄物もあります。
一番主流なのはやはり白無地ですが、

たとえば私が今の時期使っているのはこんなかんじ。

椿柄の懐紙

このように季節の植物や事物の絵柄のものもあって、
季節ごとの楽しみも味わえます。

ちなみに、懐紙はわさ(輪になっている側)を手前にして使うのが
通例ですが、

絵が逆さ

あれ?山が逆さ??

広げると……

これは、広げた時を前提にしたデザインですね。
お茶席以外でもどんどん使ってくださいということでしょうか。

懐紙に詩歌(かいしにしいか)
なんちゃって。


ということで、いつももぐもぐしてるだけではないんですよ~~という
言い訳めいた話でした。

これからの時期、次の干支の巳をテーマにした懐紙も出て
きますので、よかったらチェックしてみてください。

喫茶雑記にも実は、季節外れの柄の懐紙に載せてアップした
和菓子があります。
そちらも目を凝らしていただければわかるかもしれません(笑)

00 : 22 | 喫茶雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
怪文(妖怪回文)&喫茶雑記更新。
2012 / 11 / 12 ( Mon )
こんばんは。


この土日の更新作業で、サイト嘉辰*令月の怪文&喫茶雑記が整備されました。
怪文の方は、twitterの#妖怪回文で投稿したものはほぼ網羅できました。

その代わりというか、かなり数が増えましたもので、
そろそろ表示方法の切り替えを検討せねばなりません。

今は<LI>タグで並べているだけなのですが、いかんせん見辛いので。
何かしらの分け方とかも考えた方がいいかも。

・妖怪あいうえお順
・文字数別
・作風別

なんかが候補でしょうか。

検討しております……。

助言等ありましたらいただけると幸いです。
00 : 40 | 更新夜話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。